打保蔓の日記

趣味の日記:コミック・小説・ライトノベル・ゲーム・FX

プロフィール

打保蔓

Author:打保蔓
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■「セブンス」1巻流し読了☆!

この前に異世界迷宮と一緒に買ってきたセブンスですが分厚かったので流して読了。
ゼノ爺さんのくだりとか描写が長くて丁寧な感じ、それと後半の追加キャラとか何しに出てきたか分からん感じ。

そして“らいえるさん”がまだ出てこないので内容はともかくイラスト!
ノウェムこんなんじゃNEEEEE!

ご先祖さんは初代を筆頭にあ~こんな感じなのか~って納得できるし
イメージ膨らんでいい感じなのですがノウェムで全部台無しorz
もう最初のイメージから綺麗系でイメージしてるんであんな頼りなさそうなかわいいかわいいイラストだと・・・
後半の盛り上がりにも影響するんで是非とももっとしっかりと美しい感じにして欲しかった;;

Web版では作品通して読むとすごい面白くて3週間ほどかけて全部読んで大満足だったのですが、
これを単行本で刊行されるとどうなるのだろうとちょっと心配。
一巻こんなに分厚いとしても完結までにどんだけかかるのかw

それでは今年も後数時間になりました。
本年は色々と失敗ばかりで沢山の方にご迷惑おかけしました。
来年は頑張る!
って感じで宜しくお願いします。

皆さん良いお年を~
スポンサーサイト

■■■「砂星からの訪問者」小川一水読了☆!

ジャンル的にSFとしたけど読んだ後ではちょっと微妙;;
冒頭のダーウィン機関とかの設定が良いなと思って買ったのに異星人が普通に人型モドキで同一環境で生存できるとかその後にでてくるのも魚っぽくはあるけどやっぱり人型入ってるとか安易杉って感じ。
これでラノベとかWeb小説っていうんならご都合主義オッケーwテンプレ宇宙人ドントコイwって感じだけど、調査・探索系SFと思って読んでるところにそんなことされると色々と文句をつけたくなってくるw

これでシリーズモノって言われたらちょっとキャラクターに感情移入して話の続きが気にはなるんだけど。
設定的にはヤマモトヨーコのオールドタイマーみたいなのの謎を綺麗に収めて書ききれればすごく読みたい。

>>> 12/31追記
気になったので書評見てみたらコレって続編だったんですねw
唐突に青いお魚星人が出てきたので何かと思ったらシリーズものの2作目だったとはw

前作読んだ人だったらまぁ話の展開に納得のいかないところは少ないかも知れないですが
全く知らないで初見だと色々と引っかかるところがありました。
といいつつ「なんかおかしいなぁ」で全部読みきったので作者さんは一応前作読んでなくてもOKな話作りを意識したんでしょうw

という訳で、なおさら黒幕っぽいのの秘密を書ききって欲しい。
ではでは。

■■■「覇剣の皇姫アルティーナX」読了☆☆!

続き待ってたのに11月末に出てたって知らなかった。。。
そして近くの本屋に回っても、でかめのジュンクに行っても無かった;;
紀伊国屋まで行ったらやっと見つかったけどファミ通文庫の将来が危ぶまれるんですが・・・。

やあぁぁぁぁぁっと某王女様がアレになって腰ぎんちゃくのオズ君がアレなことになってほっと一息。
ってならずにレジスの周りはヤバイのが傍にいて、ラトレイユからも危険視されちゃってもうどうしようってところで続くorz

しかし、むらさきゆきや先生はあとがきで過去3年間で30冊の本を書いたという偉業を暴露してるくらいなので
続きもサクサク出るかと考えるとある程度は楽しみにまてるでしょうw

■■■「異世界迷宮でハーレムを 6」読了☆☆

本編は長らく2ヶ月ペースの更新ですが文庫の刊行はさらに・・・。
週一とは言わないのでせめて月イチ更新だと月刊マガジンっぽい感じで楽しく待てる・・・かも;
って愚痴は置いといてミリアのイラスト良かったね~って内容は良いの分かってるので言及するところがイラストとかしかないw

そして盗賊戦のエピソードも少し変わってたりでちょっとアクセントがあったけど基本いつもの通り淡々と内密さんペースでした。

この前Web版のセブンスが終わったので二週間ほどかけて一気に読んだので横に並んでたセブンス一巻も一緒に買ってきたのでこの休み中には読みたいところ。
ではでは。

■■■0能者ミナト<9>読了☆☆☆!!!!1!1

今回は超巨大怪異で有名なダイダラボッチ!
って自分的にはどこで最初に見たのか。。。確か大昔のマンガだったかも。

イメージ的には泥田坊とちょっとかぶったりしましたがよく考えると格が全然違いましたねw
そしてSF者には馴染みの深い「シュレジンガーの猫」って
今回はミナトが科学小説っぽくなるパターンの話でした。

科学ネタといいつつ今回は私の読み込みと理解の浅さからイマイチ“ちからわざ~”って
思ったんですが、過去のエピソードを思い返すと自分的にすごく納得がいったのは七人ミサキの話ですかね。
あと狸の話・・・やっぱ動物ネタは心に残る。

と思い返しつつ、今年も大変お世話になりました。
来年も宜しくお願いします。
良いお年を~。

■■■「その無限の先へ (2)」読了☆☆☆!!!

12月には行ってすぐ読んだのに感想さぼってましたwサーセンw

そして二巻は外伝の新規エピソード有りとはいってもほぼほぼトライアル終わったところって
全然進んでる気がしないw
Web版の更新が再開されたいま単行本が連載に追いつくイメージは全く無いですなw
外伝のレーネさん結構キャラ的に気に入ったので早く本編で出てきて欲しい。

ではでは
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。