打保蔓の日記

趣味の日記:コミック・小説・ライトノベル・ゲーム・FX

プロフィール

打保蔓

Author:打保蔓
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■『覇剣の皇姫アルティーナ』3巻読了☆☆

今までの戦描写とは異なり今回は宮廷劇風。
だけどアルティーナのおかげで鬱々とした陰謀劇という雰囲気は微塵も無しw
むらさきゆきやさん上手いわ~って思いました。
「あたしのバッグにカエルを入れたときみたいな顔してた!」って一瞬で今までの陰謀っぽい雰囲気が台無しw

といいつつ最後はちょびっと戦闘で死人がでたりするんですが
そこはサラッと流されて。
あとラトレイユ王子に古臭いといわれたバルザックの剣術ですが最後の戦闘で
エディに解説させている内容で私の厨二心もスッキリ!
やっぱ強さにはいろんな測り方があるほうが楽しいですね。

それにしても皇族の子供たちのギスギスした中に混ざる仲の良さ?と馬鹿げた体力ってなんなんでしょうか。
牛を担ぐような遊びって・・・。
そんなところはなんとなくゼラズニィの「アンバーの九王子」を思い出したりしてホロっときたり。
今回は出てこなかったバスティアンの登場が待ち遠しいですね。

それと皇帝の妃のユハプリシアさん!とりあえず皇帝うらやましいなぁってのは置いといて
「あたしと六番目の子を作ればいいじゃないの~」は笑ったwさすがにこのファミリーの一員。

2巻の感想で軽く読めるとは言いましたが今回はさらに面白くパワーアップしてた。
主に皇族ファミリーパワーでw

次回も楽しそうなヒキになってましたが本当に楽しみです。
それではお休みなさい。
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。