打保蔓の日記

趣味の日記:コミック・小説・ライトノベル・ゲーム・FX

プロフィール

打保蔓

Author:打保蔓
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■「ダークソウル」はじめました

今更ですが10月4日に新型PS3を買いました。
別にやるゲームは無かったのですがそろそろ買い時かな~って、トルネと「アンチャーテッド」をまとめて買ったはいいですが、アンチャはサクッと積みゲーに。
もうさっぱりアクションは出来ない体になってますね^^;

といいつつ、25日に「ダークソウル」が安くなって出るというのでつい。アクションとはいえRPGだからなんとかなるかな~って思ったら全くなんともならないくらいの死にゲーでした;;;;
しょっぱな雑魚の亡者に訳も分からず倒されて、適当に歩いてたら弓撃たれて矢ガモ状態になって、それでも頑張ってたらチュートリアルボスで死にまくり。
どうしょうもなくて攻略法見たら落下攻撃で1/3くらい減ったのでなんとか押し切って勝利。
あ~、そういえばどっか壁に落下攻撃とか書いてくれてたね・・・。

やっと次のステージに進んで篝火でレベル上げれるようになったけど全然劇的な感じしない・・・。
この先絶対どっかで詰むな、と感じさせる展開でした。
ちょっとやっただけで指の皮むけそうになるとか、子供の頃格ゲーやりまくってた頃とか思い出しましたw
本当に絵は綺麗なんだけどね~、最初の牢屋で蟲が蠢いてるの見てウゲッっと思ったし。

世界観ぶち壊しでいいんで大斧で無双するモードとかもつけて欲しいですねw
それではまた。
スポンサーサイト

■■■「アーク・ブラッド」読了

副題“A.D.5000のアダム”とか。
最近Web小説ばかり読んでるせいで確実にリアル書籍の読書量は減ってるのですが本当にサックリ読めました。

なんかモロって感じで本当にC☆Novelか!?って確認したんですが内容もまんまハーレム系。
あとがき読んだところ読者開拓ってなってましたが大丈夫か?ってちょっと心配したくなる感じ。
ラッキールの翻訳とか渋いのも出してたのにスゴイイメチェンですねw

ぶっちゃけ私は表紙に惹かれて買ったんですが、極論すれば異世界モノで巨大ロボットっぽいもの出てくるはで思わず「デュアル!」とか思い出したんですが。
内容は安定の榊さんという感じで、確か以前は“A”の一巻を楽しく読んだ覚えがあります。
二巻以降はちょっとメンドクなって追ってないです。

しかし残り人口100万人とかなー。
あんな外敵いるし即効滅びそうな感じもするんですがw
この手のお話はWeb小説ではアリガチでかつ殆どがエタる典型的なパターンなんですが、古くは捨てプリからしっかりと物語を盛り上げて且つ完結させたベテラン榊先生のお手並みに期待したいところです。

あと、私のメインヒロインセンサーは当然のように表紙のキャラ(名前すら覚えてない)にロックされたので是非そちらでヨロ。

それではおやすみなさい。

■■■「ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1」読了!

知っている人には今更でしょうが土曜日にやっと読了したので感想をば。
ツイッターで流行っているのは知っていたのですがやはり小説という媒体でないとちょっと読みにくくて。

話の特徴やなんかについてはダヴィンチやらブログやらでも取り上げられているのであまりツッコミません。
しかしリアルタイムで追っていなかった読者としてはアメコミ調のカッケェー表紙(こんな感じ)と各話の頭に挿入されている“わらいなく”さんのイラストがイイ感じにストーリィに惹きこませてくれて、もうサイトで読んでる人でもこっちで再読の価値あり。

私もほとんど前情報無く読んでましたが「ラスト・ガール・スタンディング」を開いた時にはマジで「Wasshoi!」って気分でしたw
それと読み終わった後もう一回巻頭のピンナップ見るとニンジャスレイヤーvsニンジャ!って雰囲気がよく出ていてもう一回ヤラレタ!って感じ。

アメリカでのツイッター連載から人気がでたシリーズ
スゴイ日本語翻訳ワザマエで日本にも知る人ぞ知る大ヒット
アメコミ調の本作りと雰囲気でパッと見での印象は分かれると思いますがなかなかしっかりしたサイバーパンクでしかも日本語再発見wできるなかなか不思議な本でした。

しかしこの“ネオサイタマ炎上”で4冊、2ヶ月毎に刊行とは先が長すぎる・・・。
しかもちょっとコアなヘッズの感想を見たところ第二部からもっと面白くなるとか・・・。

価格は一冊1200円とこの装丁にしては良心的な価格に思えますが
ちゃんとシリーズ4巻まで刊行されて、さらに第二部まででるのかちょっと心配。
まぁ我慢できなくなったらサイト見に行けば良いですねw

それではまた。

■■■マージナル・オペレーション02読了

以前感想を書いた奴の続刊が出ていたので休日なのを良いことに一気読み。
9月13日第一版発行とあったので結構長い間気付かなかったんですね;

内容的にはアラタが日本に入ってきたところからはじまるわけですが、前回と違って成長成分がないのでちょっと爽快感がなく淡々と話が進んでいく感じ。
個人的には主人公の称号「子供使い」にちょっとツボったw
24人の子供連れて観光旅行するのかと思えば話が思わぬ方向に進んで結局ドンパチw

前巻のメンツもチョロチョロ出てきてそれぞれの現状が分かったのは良かったですがやけにファンタジーだのイヌワシだの説教臭かったり観念的だったり、ちょっと読者として置いてけぼり感が。

今回は舞台とイベントがショボかったのでちょっと盛り上がりに欠けた気がしますが
続きが来年2月予定とかなってるので新天地でどんな活躍するのかを楽しみにしつつ。

しかしやっぱエルフは部隊にいらないんじゃ・・・。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。