打保蔓の日記

趣味の日記:コミック・小説・ライトノベル・ゲーム・FX

プロフィール

打保蔓

Author:打保蔓
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■川渕圭一「研修医純情物語 先生と呼ばないで」読了

昼間に立ち寄った書店で平積みされてたのでふと手に取ったら面白そうだったので買ってきました。
後ろのあらすじを引用すると「パチプロ、サラリーマン、引きこもりを経て、37歳で研修医になった僕。」
の研修医一年目の経験が面白おかしく語られています。

読み始めたら止まらなくて一気に読了。
読みにくい文章にちょっとオチのわかりずらいエピソードとか差し引いても面白かった!
フィクションのオブラートに包みつつも作者の経験そのままってところがまさに「事実はラノベよりも奇なり」って感じです。
こんな小説が2002年に出てたなんて全く知りませんでした。そして当時大ヒットで10万部売れたとか(ショボw)。

読み終わって早速作者をググったらちょうどドラマ化したところだったんですね。(よく見たら帯に書いてましたね・・・。)
2002年に出版?、そして2008年3月に徳間文庫で文庫化?、そして幻冬舎文庫で初版が平成23年2月。私が買ったのが平成24年4月の12版。
幻冬舎さんはいい眼してるな~って事なんでしょうか。

続きもあるみたいなのでまた本屋で見かけたら買いたいなと思うシリーズでした。
特に病院とお付き合いのある人は読んで色々と思うところがあるんじゃないでしょうか。
それではお休みなさい。
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。