打保蔓の日記

趣味の日記:コミック・小説・ライトノベル・ゲーム・FX

プロフィール

打保蔓

Author:打保蔓
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■『なれる!SE6 楽々実践?サイドビジネス』読了

今回のテーマはあんまりSE関係ないな~って思ってたのですが
今回は短編集だったのでメインテーマは第一話だけでした。
そしてその第一話がイマイチ好みにあわなかったです・・・。
小市民としては会社の看板があってこそ仕事してるのであって
個人でよそ様の会社の仕事とか怖くてできない;;;;

もっとスケールをちっちゃくして、
「PCなに買えばいいかな~?」(何に使うかも分からないのに薦められない)とか
「安くで家庭のインターネット作って~」(既に要求が意味不明)とか
「ちゃちゃっと綺麗なブログ作りたいんだけど~」(それ畑違い・・・)とか
のお話だったらSEあるある物語で楽しめたのでしょうが。

しかしその分2~5話が楽しくて大満足。
キャラ掘り下げ回があるとより感情移入しやすくなって楽しいですよね。
特に橋本課長のスピーチネタはニヤニヤしながら読めて
且つオチで大笑いできて凄く良かったです。

あとがきも・・・今でも小さな作業でちょこちょこミスする身としては
身につまされるところがあって○
ハタからみるとどこまで作者に感化されてるんだって感じかもしれませんがw
まぁラノベが楽しめるのは心が若い証拠と思っていればいいでしょう。
エロイ人が言ってました。「心はいつも15歳」。
スポンサーサイト

■■■ユロ円110円に届かずっ!!1!1!

月曜日は朝から大相場でした。
始値でユロ円109.40とかつけるもんだからラッキーと思って
長年連れ添った109.12Lを離隔。
したら一時間もしないうちにみるみる109.80までつけて後悔の雨嵐。
怖くなって今まで持ってたSポジ4枚を109.80で切ってもうSはしないと決心。
このままだと日本時間に110円いっちゃうか!?と思わずいったん下がった109.45でLポジ持ち直し。
↑バカですねorz

それからは欧州時間で見る見る下がるのを横目にセコセコ仕事してました。
今のニュースではまたゾロユーロ危機とか煽り出してますが
当分はYでアップダウンを見て楽しむのが良いのでしょうか。

■■■「森薫拾遺集」「百姓貴族」(2)読了

忙しかったのでマンガをヤケ買いしてきましたw

森薫さんはエマの時からファンですが、今回は短編集ということで
ちょっとスルーしてたのですが勢いでw
チラっとエマの裏話が載ってたり短編も面白かったので思ったより楽しめました。
お話の半分以上メイドネタって感じでさすが筋金入りですね。

百姓貴族の二巻もエッセイ漫画として楽しめました。
やっぱり都市部で育った人間にとってああいう田舎は異次元も同然ですね!

もう一冊も勢いで購入。
「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」①
恐ろしいタイトルでかつナンバリングされているという。
イタ目の少年の話は最近見かける気がしますが主人公がJKってところが目新しい気がします。
そして■e(ガンガンコミックONLINE)が出版、ネット用語つかいまくり・・・。
内容的には「男子高校生の日常」と同じくらいかそれ以上に痛い。
少なくとも奴らにはツレがいますがこっちは人生ソロプレイですからねorz
②巻とかどうするんだろう・・・とか思いつつ奥付見ると1月21日初版発行で2月23日に3刷発行。
発行部数少ないのはあるんだろうけど売れてそう・・なの・・かな?
個人的にはちょっとネットで読んだ人の感想を聞きたくなる話でした。

それではお休みなさい。

■■■もっともっと大暴騰!

仕事忙しさのあまり更新が滞ってました。ごめんなさい。

ユーロ円が終値109円を越えるという快挙!を達成しました。
自分は触ってないのであんまり気にしてないですがドル円も81円越えてますね。

気が付いたらナンピンで20枚ほどあったLも微益撤退を繰り返し12枚ほどになりました。
そして取り残された両建てSが4枚ほどに・・・。
昨日の夕方に、半年ほど持っててスワップ901円も貯まったユーロ円107.02を
107.77で離隔したときはすごく幸せだったのですが、
朝の終値109.10とか見るとものすごく悔しくなってくる・・・。

ちなみに昨年の10月31日の109.12Lもスワップ1102円ほど貯まってるのですが
いまの勢いを見ると離隔しにくいですね~。
まあ含み損が最盛期の半分になったので余裕でチャートを見てられるのは救いですが。

来週も仕事が忙しいのですが相場もお祭りが楽しそうで目が離せなくて困りますね。
それではみなさんよい週末を。

■■■大暴騰!

ドル高、ユロ高、豪ドル高で週後半はスゴイ事になってましたね。
豪ドルを週の初めにロングしてたのですが週の半ばで微益撤退していました。
後半の大暴騰を見て悔しさでストレスがマッハですw

ユーロ円が大きく戻してるおかげでこっちの含み損は1/3くらい減ったのですが
途中で入れたスケベSが置いてかれてて救われて欲しいような、
もうそこまで下がって欲しくないような・・・。本当に下手くそですね~。

ま~これだけ動いてくれると月曜日もワクワクして相場を見てられるので楽しいですね。
それではまた来週頑張りましょう!

■■■「お・り・が・み」1巻読了

「マスラオ」「ミスマルカ」のファンなのにまだ読んでなかったので手を出しました。
お話がスゴくラノベラノベしてますねw
その前の「ばいおれんすまじかる」はメタ魔法少女モノとしてそこそこ笑った気が
したんですがこっちは一応ストーリーがあるだけに色々とツッコミたくなって読みづらい。
ただマスラオではイマイチ影が薄かった貴瀬とかちょっとしか出てこないキャラが
メインで活躍するのでやっと読み続けられるという感じ。
既に2巻を読み中ですが勇者(笑)と言われる所以が伝わってくるのは楽しいですね。

1~3巻までアマゾンで買ったのですが、一巻の初版が平成16年で14版が平成22年なので
ラノベとしてはよく頑張ってるほうですよね!
これ読んでると「レイセン」の続きももっと楽しく読めそうです。
それではお休みなさい。

■■■マンキツ満喫w

6時間くらい居ました。
のんびりコミック選んでたのであんまり読めませんでしたが。

新刊「放課後の???」1巻。タイトル忘れ。女子高生と魔王が現代社会で
寒いギャグやってる話。表紙買いしなくて良かった。

新刊「素足のメテオライト」3巻。面白かった!しかし1・2巻探したけど無し;;
書店で見かけたら思わず買ってしまうかもw続きが楽しみ。

“ゆりかごのカXXXX」or“カXXXXのゆりかご”1~5巻完結。
最後まで読んだのをちょっと後悔。最後の最後で主人公がアレって・・・。
悲しくなるというより救いの無い話を書いた作者に物申したい気分に。
外の状況がどんな状況か全く分からないままだったし、「望郷戦士」くらい
カッコイイ終わり方して欲しかった。

「悪魔のそだてかた」1・2巻完結。
悪魔がフツーな小市民っぽいところは面白かったけど、他のナイツとかほとんど
設定が活かされないままで話が終わってしまって残念。
といいつつ話がサクサク進んでちゃんと終わったところはまぁ良かった。

「未来日記」12巻完結。
どんな話かサッパリ前知識無くて創造してたのと全く違って楽しめた。
けど途中から展開が強引すぎとか全くリアリティが無くなって・・・。
でも最終巻でバットエンドと思わせつつちゃんとハッピーエンドになったので
本当に良かった。

じっくり色々読めると思ってた割には大して読めてないので
宿題が残ってしまったのでまたそのうち行くかも。
時間無かったので乱文乱筆失礼しました。

■■■お久しぶりです!103円!!!

夕方まででしたがユロ円103円。お久しぶりでしたね^^;
あれだけグイグイいってたのに夜になったらすぐに102.30付近とか
さすが第二の殺人通貨と言われる所以でしょうか。

とりあえずこの程度の上げでは全く原資回復まで程遠いので
気長に待つしかないですね~。
今週の終値がどうなるかちょっと楽しみにしたいと思います。

それでは皆さん良い週末を!

■■■『スクール・デモクラシー!』1巻読了(昨日)

そういえば一冊読み終えたのにスカッと忘れてました。
吉村夜さんはメガテン(の1巻のみ)のファンで魔魚戦記シリーズも
大好きなんですが、これは普通にフツーでした。

学校の設定はかなり好みで主人公も感情移入しやすくて出だしは
かなり引き込まれたのですがカオス生徒会の厨二テイストな二つ名設定で
ちょっと引きましたw
あとはフツーに話が進んでフツーに主人公がカオス生徒会に入って・・・。
なんかそこくらいはちょっとヒネってくれても良かったのに。

ただあとがき読んでると吉村さんが雀士って事がわかったのと
結構ノリノリで書いてるのが伝わってきてニヤニヤできました。
ちょっち次はどんな議題でどんな選挙戦を繰り広げるのかなと気になったので
やっぱり買っちゃうかと思います。

■■■「アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う」やっと読了

ファンタジーかと思って読み始めたら途中からハーレクイン気味になってきて
ちょっと読むスピードが落ちました;
ぶっちゃけ主役の二人ともがツンデレっぽいところはちょっとイライラしつつも
笑ってしまいました。

それと世界観は結構面白かったけど、主人公が活躍した感じがなくて
ただ平坦にお話が進んでいってハッピーエンドで読後感がスッキリしませんでした。
もっとアレクシア女史が機転が利いて知的に活躍したら面白かっただろうに。
続刊で面白くなる気配はあるのですが、買うかどうかはあらすじをみて
決めようかなというところ。
今回は出てこなかった(と思う)ゴーストについて上手く話をふくらませ
られたらちょっと見直すんですが。

■■■昇り調子?

ユロ円がひさびさ加速度をつけて101円を越えました!
マイナスがちょっと減ってすごく嬉しいwww

問題山積みなのになんであがってるのか、いつまたガラを喰らうのか。
さっぱり分からないのが恐ろしいところですね。
それではまた注視するお仕事に戻ります。
お休みなさい。

■■■「ヤツの眼鏡は伊達じゃない」

アレクシア女史を読んでいたのですが・・・
どうも人生にラノベ成分が不足してきたので急遽補給。

HJの新刊が並んでた中でどれが良いかな~って
ほとんど読んでないシリーズモノだったので
本作「ヤツの眼鏡は伊達じゃない」と
「アウトスタンディングス -常識ハズレな奴ら-」と
「吼える魔竜の捕喰作法」の3択。

異能力モノとバトル系を避けたらコレって感じ。
でもよく考えたらこれもオタバトルを繰り広げるんでしたね^^;

毎章オタバトルが発生して勝利していくっていう形式だけど、
個人的感想としてはなんか勝ち方がスッキリしないっ!
けど主人公が超コダワリのあるキャラで色んなことに
薀蓄語るところは読んでいて面白い。
オタクについてもちょっとグサッと刺さることを言ってて
自分で「あ~あるある」って反省するところも。

一巻だけで5回も勝負しているところもなかなか。
あとがきで作者はまだまだネタはありますと言ってたので
これも続刊に期待。

■■■先生と僕1 (―夏目漱石を囲む人々―)読了

「いまさら夏目漱石か~」って思ってたのですが
気が付いたら3巻まで出てるので気になって読んでみました。

4コマまんがだけど字が詰まってて一冊読むのにすごく時間が
かかりましたがその分読み応えがあって面白かったですね。
正直この時代のことを全然知らなくて「その時代の人気作家だったんでしょ」
くらいに思っていましたが全然違いましたw

作者の漱石への愛情がたっぷり詰まっていて読んでいて微笑ましいのも高評価。
漱石を中心として友人知人から漱石門下といわれる人達まで
色んな人々が登場して、作者視線のキャラクター造形が
今までのその人たちへの印象をぶち壊してくれます。

これ読んでると漱石の色んな作品を読みたくなってくるという
流行の言葉でいうとまさに“ステマ”w ←良い意味でw

ネタ切れが心配ですが2・3巻も楽しみに読んでみたいと思います。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。